Newface Interview

ニューフェイスインタビュー

竹内 柊平 竹内 柊平 竹内 柊平

“人も気候もあったかい”宮崎県出身のプロップが新加入!
元ロック、ナンバーエイトで強力な突破力も強み。宮崎工業では副キャプテンを務め、
九州共立大ではキャプテンとして同部初の大学選手権出場に貢献。
歴史に名を刻んだリーダーが、運命的だったアークス入団までの物語、
そして今後の抱負などを力強く語ってくれました。

歴史を創った九州共立大の主将。
突破もできる大型プロップ。

アークスに惹かれた理由は、強いスクラムと
頼もしいコーチ、優しい先輩、練習環境。

まずシャイニングアークスを選んだ理由を教えてください。

シャイニングアークスはスクラム強化に力を入れていることは知っていましたし、このチームなら成長できると思いました。練習環境については、日本だけではなくアジアでも一番良いのではと思っています。
また、入団前に合宿に参加させてもらったのですが、先輩方がとにかく優しかったです。
スクラム練習で、明らかに僕のせいで崩れているのに、先輩方が「ごめんな」と謝ったり、励ましてくれたり、感動して泣きそうになりました(笑)。
他のトップリーグチームの合宿にも参加予定でしたが、そこへ参加する前に入団の意志を伝えさせてもらいました。
展士さん(斉藤スクラムコーチ)についていきたいという想いも強いです。

実際に入団した感想はいかがですか?

とても居心地が良いです。良い意味で上下関係がなくて、2年目の先輩方ものびのびとしていると思います。

偶然だったラグビーとの出会い。

まずは家族構成を教えてください。

両親と、3歳下と6歳下の妹がいます。

出身は宮崎県宮崎市ですが、どんな土地柄ですか?

食べ物が美味しくて、人があったかいです。店員さんから話しかけてくるような雰囲気です。
アットホームで、すごく住みやすいです。

どんなスポーツをしてきましたか?

小学2年生から空手をやって、野球、サッカーもしました。水泳は小学4年生から3年間続けました。
ラグビーは小学6年生で始めました。

どのような経緯でラグビーを始めたのですか?

いつも小学校の昼休みにドッヂボールをしていたんですが、「ラグビーボールでドッヂボールをやってみよう」という話になって、担任の先生にラグビーボールを借りに行きました。
その先生がラグビーの普及をされている方で、「ラグビーに興味あるのか」と聞かれました。ラグビーボールを借りたいこともあって、なんとなく「はい」と答えたら、その週の土曜日にラグビーの見学に連れていかれました(笑)。
しかし、見学に行った地元中学のラグビー部は「めちゃめちゃ楽しいな」と思いました。それがきっかけで宮崎ラグビースクールに入りました。

竹内 柊平

高校で急成長してナンバーエイトに。

ラグビースクール時代からのポジション歴を教えてください。

小・中時代はずっとフッカーでした。高校では身長が伸びたこともあってロックやナンバーエイトをやりました。
大学時代もナンバーエイトで、プロップは大学4年からです。

中学時代は身長が低かったのですか?

中学3年で厚い靴下を履いて、背伸びをして160センチくらいでした(笑)。ラグビースクールで一人だけ県選抜に選ばれなかったくらい身体が小さかったです。
ただ高校で182センチまで伸びて、今までに出来ないプレーができるようになりました。

宮崎工業初のトップリーガー。
花園予選は3年連続初戦敗退。

高校は地元の宮崎工業へ。同校初のトップリーガーですか?

トップリーグが始まってからは、自分が初めてです。
トップリーグが始まる以前は三洋電機でプレーした金丸さんという方がいらっしゃいました。
そもそも大学でラグビーを続ける選手も珍しい高校です。

高校3年間の花園(全国高校ラグビー大会)の予選結果を教えてください。

1年生の頃は宮崎県予選の初戦敗退、2年生も初戦敗退です。
副キャプテンだった3年生の時は期待された代で、新人戦や高校総体ではベスト4でした。ただ花園予選では出鼻をくじかれて初戦で負けました。
初戦の対戦相手だった延岡工業は、高校総体で僕らに負けていたので対抗心メラメラで、完敗でした。負けると思っていなくて、めちゃくちゃ悔しかったです。

竹内 柊平

高3の高校総体。KIRISIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園 vs大宮高校

「当たり前のことを当たり前に」。
身に染みた恩師の指導。

大学は九州共立大へ進学されました。

高校が強豪ではなかったのであまり注目してもらえないなか、声を掛けて頂きました。
また高校時代の監督に憧れていて、将来は高校の先生になろうと思っていたので、教員免許もとれる九州共立大を選びました。

高校時代の監督の影響で、教員を志望したのですか?

そうです。宮崎工業の佐藤清文監督です。
僕が言うのもなんですが親しみにやすく、よく考えた上で叱ってくれました。高校で通用するようになって天狗になっていた時期もありましたが、そこで監督にしっかり指導いただいたおかげで今の自分があると思います。

佐藤監督はどんな指導をされていたのでしょうか?

私生活を重んじる人で、当たり前のことを当たり前にやろう、と仰っていました。挨拶であったり、スリッパを並べるであったりです。
反発した時期もありましたが、大学生になると監督が言っていたことの大切さがより身に染みました。

1年生から公式戦出場。
4年時は九州共立大のキャプテンに。

九州共立大はどんなチームでしたか?

それまで一度も大学選手権に行ったことのないチームで、いつも九州で2、3位のチームでした。上下関係がないので、寮生活でしたが1年目から伸び伸びやらせてもらいました。
同期がとにかく仲が良くて、今でもヒマがあればテレビ電話をするくらいです。ただ自分達の代は“弱い高校のエース”のような選手がいっぱいいて、最初はまとまるのが大変でした(笑)。

大学1年からレギュラーですか?

1年生からナンバーエイトで公式戦に出場していました。
2年生でもナンバーエイトが多かったのですが、ロックもやるようになり、大学4年からはトップリーガーや日本代表を目指すことも考えて、プロップを始めました。

大学4年ではキャプテンを務めました。

キャプテンは監督から指名されたこともありますし、もともと僕もやりたいと思っていました。
同期とはもともと仲が良かったので、考えていることを言ったらついてきてくれました。

大学4年の大学選手権2回戦。ミクニワールドスタジアム北九州vs朝日大学

大学4年の大学選手権2回戦。
ミクニワールドスタジアム北九州vs朝日大学

チーム初のリーグ単独優勝、
1966年の創部以来初となる大学選手権出場。

そしてキャプテンとして迎えた最終学年で、1966年の創部以来初となる九州学生リーグ単独優勝、大学選手権出場という歴史を創りました。

九州学生リーグの最終節で、僕たちは5勝1敗で並んでいる福岡工業大学と戦いました。
この日は2試合が行われていて、他会場では1位の福岡大学が日本文理大学と戦っていました。

九州共立大が優勝するためには、同じ1敗の福岡工業大学に勝った上で、他会場でリーグ1位だった福岡大学が負ける必要がありました。

普通にやれば福岡大学は日本文理大学に勝つのですが、僕たちがロスタイムで福岡工業大学に逆転したあと、ベンチから「文理(日本文理大学)が勝ってるぞ!」と声をかけられました。そのまま勝って、夢の中にいるようでした。

首位だった福岡大学に6勝1敗で並んで、勝ち点1差で1位に。初の九州学生リーグ優勝が決まりました。

試合が終わったらみんなが走ってきて「選手権が決まった!」と。でも優勝トロフィーが別会場にありました(笑)。こちらの会場には賞状しかなかったですが、とにかく嬉しかったですね。

キャプテンとしてチームにどう貢献しましたか?

自分の力とは思っていなくて、支えてくれた同期、周囲の人の力だと思っています。
僕たちは「周囲に愛されるチーム作り」を心掛けていて、トレーニングルームの使い方から日頃の行動、授業態度も気をつけていました。
その結果かどうかわかりませんが、ラグビー部以外の皆さんも会場に足を運んでくれて、今までなかったような熱い応援をしてくれるようになりました。そうした皆さんの力が大きかったです。

竹内 柊平

トライアウトで運命の出会い。

シャイニングアークスにはどのような経緯で入団が決まったのですか?

大学4年の「トップリーグ発掘プロジェクト」がきっかけでした
目の届かないチームや、強豪校のBチームにいたような選手もパフォーマンスを見てもらえる貴重な機会で、九州リーグはなかなか注目してもらえないので、数人の仲間と上京して挑戦しました。

いつからトップリーガーを目指していたのですか?

ずっと高校教師を目指していましたが、大学時代の松本(健志)監督からも挑戦を勧められていました。高校時代の佐藤監督も「上を目指してもいい」と言ってくれました。後押しがあって、進路を変えました。

トライアウト(トップリーガー発掘プロジェクト)ではフィットネステスト、チームに分かれての実戦などが行われます。

3チームに分かれたのですが、そのとき僕のチームの監督がたまたま展士さん(斉藤スクラムコーチ)でした。
実はそこで初めてプロップとして8対8のスクラムを組みました。そのとき展士さんにいろいろ指摘して頂いたんですが、「今日初めてスクラムを組んだので分かりません」と正直に答えたら展士さんが「君、面白いね」と(笑)。

そして、実力とポテンシャルを認められたのですね。

声を掛けて頂いた時は、本当に驚きました。トライアウト以前から、スクラムの強さや環境に憧れて「シャイニングアークスに行きたい」と言っていたので、本当に嬉しかったです。

九州学生リーグ最終節。逆転で大学選手権初出場を決めた時。

大学4年の大学選手権2回戦。ミクニワールドスタジアム北九州vs朝日大学

ラグビーも仕事も100%で。

注目してほしい得意なプレーを教えてください。

フィールドプレーであれば、どのプロップにも負けない自信があります。元バックロー(FW第3列)なので運動量にも自信があります。

最後に、社会人としての目標と、選手としての目標を教えてください。

会社員としては、業務でもNTTコミュニケーションズに貢献できるように頑張ります。ラグビーだけを頑張るのではなく、業務も100%で頑張ります。上司にも「業務も全力でやります」と伝えています。
選手個人としては日本代表を目指しています。チームとしてはトップリーグで優勝したいです。まずは「このチームで優勝したい」と言えるようにメンバーに入って、ファンの方に覚えてもらいたいと思います。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

今年の意気込みを漢字1文字で表すと…

今年の漢字1文字

竹内柊平(たけうち・しゅうへい)

生年月日
1997/12/09
身長/体重
183cm/115kg(インタビュー時)
出身地
宮崎県宮崎市
出身校
宮﨑ラグビースクール(RS)-宮崎工業-九州共立大学
略歴
幼少期から空手、野球、水泳、サッカーなどを経験し小学6年の時、宮﨑RSで楕円球に出会う。
副主将を務めた宮崎工業のトップリーガー第1号。九州共立大では主将を務め、同部を史上初の大学選手権出場に導いた。3兄妹の長男。
その他
ニックネーム:TK、しゅうへい

竹内選手の秘蔵写真はコチラ