Newface Interview

ニューフェイスインタビュー

張 容興 張 容興 張 容興

2019年11月には7人制韓国代表として、同国初のオリンピック出場に大貢献。
釜山南高校、延世大学ではキャプテンを務めました。
韓国ラグビーの英雄となったライジングスターに現在・過去・未来を伺いました。

※通訳としてチームスタッフ、諸葛彬さんが同席しています。

韓国チームとの合同練習で、アークスのコーチ陣がひと目惚れ。
今季加入した韓国出身のスピードスター!

来日7か月。鋭意日本語勉強中!

お住まいは浦安だそうですね。

(日本語で)浦安のマンションです。(シルヴィアン・)マフーザと近いところです。

日本に来て、どれくらいが経ちますか?

(日本語で)7か月です。

日本語で受け答えされていますが、すごく上達していますね!

(日本語で)まだ簡単な単語だけ。来た時は(日本語は)出来ませんでした。
週2回、日本語のレッスンをしています。

浦安の暮らしはいかがですか?

(以下、韓国語で)浦安はとても静かだし、住みやすいところです。たまに駅のスターバックスで、コーヒーを飲みながら映画を観ています。好きな韓国映画は『パーフェクトマン』です。

ご自分をどのような性格だと感じていますか?

静かですね(笑)。 ただ、一人ひとりでいるのも好きですが、みんなと一緒にいるのも好きです。
自分の性格はわからないですね(笑)。

張容興選手

韓国の港町・釜山出身。大学2年で韓国7人制代表に。

お生まれはどこですか?

韓国の釜山です。海がきれいで、刺身が美味しいところです。

家族構成は?

両親と3歳離れた兄がいます。家族でスポーツをしているのは僕だけです。
父は昔からスポーツは好きでしたが、母と兄はスポーツはしていません。

ラグビーを始めたのはいつですか?

16歳から始めました。それまでは水泳やキックボクシング、サッカーなどをやっていました。

ラグビーを始めたきっかけは?

中学時代は勉強しながら、趣味でサッカーをしていました。その時高校ラグビー部の監督から「1回練習に来て」とスカウトされ、そこから始めました。

中学を卒業して、釜山南高校に行きました。釜山で唯一ラグビー部のある高校です。今は学校自体が変わり、体育高校になっています。

高校の時はセンターで、大学からは、ずっとウイングとフルバックでした。

高校の卒業式

高校の卒業式(中央が張選手)

韓国の代表歴を教えて下さい。

大学2年生で7人制の韓国代表になりました。

大学時代の一番の思い出は?

大学4年生の高麗大学との定期戦です。

韓国では1番観客の多い試合で、そこでキャプテンとして出場でき、さらに勝つこともできました。

グラウンド以外の思い出というと?

毎週末が1番面白かったです(笑)。

試合のないときは大学の外で仲間とお酒を飲んだりしていました。お酒を飲むとおしゃべりになるかもしれません(笑)。

延世大学校4年生

延世大学校4年生

2018年のアークス×尚武の合同練習で存在感。

大学卒業後は韓国軍チームの尚武(サンム)へ。そこからアークスに入団した経緯は?

(延世大、尚武の先輩である)諸葛彬さんがいるので、アークスのことは知っていました。
尚武にいた2018年、アークス浦安パークでアークスと合同練習をしました。そのときチームから「トライアウトを受けてほしい」と言われました。

※諸葛彬さん「前にいた栗原(徹)コーチなど、みんながチャンのプレーを見て『あの選手は誰?』『彼と話したい』と言ってスカウトしました」

張容興選手

左:張容興選手、右:チームスタッフの諸葛彬さん

すぐにアークスでプレーしたいと思いましたか?

すぐトライアウトを受けようと思いました。日本でラグビーをやりたい気持ちが大きかったので、嬉しかったです。家族にも応援してもらいました。トライアウトは2018年11月12日で、ちょうど僕の誕生日でした(笑)。

運命を感じましたか?

そうですね(笑)。

実際にアークスでプレーして如何ですか?

みんなが優しいです。特に困ることはありません。
感謝している選手がたくさんいます。すごく良い環境です。

特に一緒に行動している選手はいますか?

マフーザとか、他の選手ともいつも一緒に集まっています。この前みんなで(スポーツパブの)HUBに行きました。

韓国初のオリンピック出場を決める決勝トライ!
韓国ラグビーの英雄的存在に。

今年も韓国の7人制代表としてプレーしていますが、今秋に韓国が初のオリンピック出場を決めました!

11月10日に(韓国7人制代表に)に行って、11月23、24日に仁川(韓国)で試合をして、その後すぐ戻ってきました。これまで(韓国の7人制代表は)外国人コーチはいなかったのですが、今回は外国人のコーチを連れてきて、システムが変わりました。これまでとは全然違うプレースタイルです。

7人制韓国代表のプレースタイルはどのように変わったのですか?

昔は個人的なスキルを重視していて、複雑ではありませんでした。ただ今回は攻撃パターンを共有して、個人の役割を決めるようになりました。

張容興選手

決勝トーナメントの準決勝、決勝は、どちらも大逆転勝利だったそうですね。

9チームが参加して1日目は3プールに分かれて各総当たりで戦い、2日目はトーナメントでした。

2日間で5試合したのですが、最後の2試合は延長戦になって、終了1、2分前に逆転をしました。どちらもキックオフからマイボールになり、そこからシステム通りに外まで運んでトライができました。

どちらもチャン選手が決勝トライ。特に決勝戦では、韓国ラグビー初のオリンピック出場を決める劇的トライでした。

まだ夢みたいです。決勝戦での逆転トライでは、トライを取る前から選手やスタッフが走ってきていました(笑)。
トライをした後、みんなが上に乗ってきて一番下になり本当に死ぬかと思いました(笑)

※諸葛彬さん「いま韓国では、チャンがトライしたシーンをテレビで何度も放送しています。彼は韓国のスターですよ」

では最後に、ファンの皆さまへメッセージをお願いします。

トップリーグでメンバーに選ばれることが1番の目標です。良い試合をファンの皆さんに見せたいと思います。
많은 성원 잘 부탁드립니다。
(マヌン ソンウォン チャル プタックトゥリムニダ。たくさんの声援をよろしくお願いします。)

今シーズンの意気込みを一言で表すと…

今シーズンの一言

張 容興

生年月日
1993/11/12
身長/体重
175cm/80kg
出身地
韓国・釜山
略歴
釜山南高校-延世大学-尚武(韓国軍チーム)。2兄弟の次男。2019年11月、7人制韓国代表として出場した香港代表との決勝戦で、韓国ラグビー初の五輪出場を決める歴史的な決勝トライを決める。