Newface Interview

ニューフェイスインタビュー

池田 悠希 池田 悠希 池田 悠希

次世代の有望選手が集まるジュニア・ジャパンにも選出された大型センターは、
自他ともに認める明るい性格。
高校で日本一を経験するなど世代のトップレベルで戦ってきた23歳が、
これまでの楕円球人生、今後の意気込みを語ってくれました。

飛躍の年に!
明るいイジられキャラ「池ちゃん」が仲間入り。

東海大仰星で高校日本一を経験。

ラグビーを始めたのはいつでしょうか?

出身は東大阪市(大阪)なのですが、親が転勤族で、ラグビーに出会ったのは群馬県の高崎ラグビークラブです。4歳の時に友達に誘われて始めました。
小学校3年生までいたのですが、また親の転勤があって、小学校4年生から6年生までは神奈川の大和ラグビースクールでプレーしました。

小学校初登校時の池田選手

小学校初登校時の池田選手

小学生ラグビー

高崎RCでラグビーをはじめ、快速を飛ばしトライを量産した小学生時代。
(ボールを持っている子が池田悠希選手)

そこからまた東大阪に戻って、中学(東大阪市・高井田中)ではいったんラグビーを辞めてバスケをやりました。
小学校の休み時間にバスケをやっていたりしていて、もともとバスケには興味がありました。

では東海大仰星からもう一度ラグビーを始めたわけですね。

東海大学はラグビーもバスケも強い大学なので、どちらもできるなと思って一般受験で(付属校の)東海大仰星に入りました。

どちらをやるか迷っていたんですけど、ラグビーが強い高校ということで、チャレンジしようと思い、もう一度ラグビーを始めました。

高校生時代

高校3年生のサニックスワールドユース。海外のチームとの初めて戦った試合。

東海大仰星時代の思い出深い試合というと?

高校3年の時の(花園)優勝が一番の思い出です。

高校1年の時は準優勝だったんですけど、僕はスタンドで見ていました。高校2年の時は大阪府予選の決勝で、その年の花園で優勝する常勝学園に負けました。それも僕はスタンドで見ていたんです。

「花園にも出られなかった」といった悔しい想いからのスタートだったので、高校3年でやっと花園優勝を掴むことができ、嬉しかったです。

高3花園優勝した時

高校3年生、花園決勝戦(対桐蔭学園)ノーサイドの笛がなり優勝が決まった瞬間。
(両手でガッツボーツをする池田悠希選手#13)
相手には同期入団の佐藤大樹がいました。

東海大仰星の同期には誰がいましたか?

同期にはキャプテンをしていた野中翔平(近鉄)や、野口竜司(パナソニック)がいました。
東海大学でも一緒だった野口には、プレー中もずっと怒られっぱなしでした(笑)。
プライベートでも結構いじられたり、という感じです(笑)。

とにかく楽しかった
東海大学での“4人部屋生活”。

高校卒業後は東海大学に進学して、湘南キャンパスのある神奈川での寮生活がスタートしました。

寮生活がすごく楽しかったですね。
大阪から神奈川に引っ越して、最初はいやだなと思いました。でも東海大学は先輩・後輩関係なしにとても仲が良くて、先輩がとても優しいので、すごく楽しくなってきて。
部員寮はキャンパスの近くに4つあって、「第三寮」などには2人部屋もあります。
でも僕は“4人部屋だけ”の「第一寮」に4年間いました。プライベートがないといえばそうなんですが、第一寮の楽しい感じが好きで。

4人部屋しかない第一寮をあえて選んでいた?

そうですね(笑)。第一寮にはワイワイするのが好きな人が集まっていたと思います。
寮にはいつも誰かがいて、誰かの部屋に行ったり、自分の部屋に来たり――めちゃくちゃ楽しかったです!

そんな東海大学時代で印象的だった試合は?

大学1年の春に何回か帝京大学と練習試合をしたのですが、そのときに差を感じて「これが帝京か」「これに勝たなアカンのか」と衝撃を受けました。
その後、行われた大学2年の大学選手権・決勝が帝京との試合で特に印象的です。
この試合はスコアは開いてしまったんですが(●17-27)、自分の中では「距離が近くなった」と感じた試合でした。
めちゃくちゃ悔しかったですが、スタート(先発)で決勝の舞台に立てたことは自分の中ですごく良い経験になり、一番思い出に残っています。

大学生時代の池田選手

大学2年生の全国大学選手権。(対早稲田大)
相手を振り切りトライに飛び込む瞬間。

見かけたら、
気兼ねなく声をかけて頂きたいです

見て欲しいプレーを教えてください。

東海大学はけっこうフィジカルなラグビーをする大学で、そういう環境も充実していたので、大学の4年間で身体を大きくすることができました。
アタックではラインブレイクとオフロードパス、ディフェンスでは、外国人相手でもバチンと止めるタックルを見て欲しいです。

では最後にファンの皆さまへメッセージをお願いします。

シャイニングアークスは今年から拠点が浦安になり、健康増進といった形などで地域貢献を目指しています。僕らも近所にいるので、見かけたりしたら気兼ねなく声をかけて頂きたいです。
試合に応援に来て下さるような活動をしていきたいですし、ファンの方に少しでも興味持っていただけたら嬉しいです。応援よろしくお願い致します。

今年の意気込みを漢字1文字で表すと…

今年の漢字1文字

池田悠希(いけだ・ゆうき)

生年月日
1995/5/21
身長/体重
185cm/98kg(インタビュー時)
出身地
大阪府
出身校
高崎RC-大和RS-東海大仰星-東海大
略歴
高校3年時に花園優勝を経験
2017年のジュニア・ジャパンに選出
その他
ニックネーム:池ちゃん
嫌いな食べ物:漬物

池田選手の秘蔵写真はコチラ