Newface Interview

ニューフェイスインタビュー

平井 将太郎 平井 将太郎 平井 将太郎

地域交流イベントで子ども達から大人気。
“癒やし系”の大型プロップが大学王者・帝京大学から新加入。
王者のメンタリティーと向上心で活躍が期待される23歳が、
生まれ育った長崎時代から学びの多かった大学時代まで、多岐にわたり笑顔で語ってくれました。

子ども達から大人気の癒やし系ラガーマン。
フィールドでは頼もしい大型PR平井将太郎。

長崎県出身。アップダウンが多く小学校まで片道1時間。

出身地から教えてください。

生まれは長崎で、長崎市内でずっと育ちました。

長崎というと「坂が多い」と聞きますが本当ですか?

本当に坂が多いです。僕の家も坂の途中にあります。
アップダウンが激しかったので足腰は強くなったかもしれません。

小学校の時は通学がすごく長くて、1時間かけて通っていました。
それも自分の家が山の上で、山を下ってまた上っていく感じでした。小学校の中でも遠い方でしたね。

ラグビーを始めたのはいつですか?

高校1年生の11月ですね。

高校まではどんなスポーツを?

幼稚園から中学3年生までサッカーをしていました。
父は学生の時に砲丸投げをやっていたのですが、社会人のサッカーチームでゴールキーパーをしていました。
父の影響で自然とサッカーを始めました。

サッカーでのポジションは?

(父親と同じ)ゴールキーパーでした。

中学3年生の全国大会。(幼稚園年中から中学3年生の11年間はサッカー(ゴールキーパー)選手でした)

中学3年生の全国大会。
(幼稚園年中から中学3年生の11年間はサッカー(ゴールキーパー)選手でした)

身長が大きかった?

そうですね。もうちょっとスリムだったんですけど(笑)。
小学校6年で168センチ、中学3年で180センチあって、高校3年間で5センチ伸びて185センチになりました。
うちの母が170センチあって大きいですね。

ゴールキーパーとしての経験はラグビーに活かされている?

ハンドリング、キャッチングの部分は、高校の時から「活きてくるから」と言ってもらっていたと思います。

気づいたらラグビー部に。「見学ではなかったです」

ラグビーを始めたのは高校1年の11月ということですが、どんな経緯で?

1年生の時の担任がラグビー部のコーチをされていました。
それまでクラスメイトなどから誘われてはいたんですが、やるならサッカーだと考えていました。

でも11月に、ラグビー部でコーチをしていた担任の先生から「2、3日くらい練習を見学したらどうか」と話をもらいました。
「見学ぐらいなら」と思って行ったら、ウェアとグッズを渡されて、個別にコンタクト練習をしてもらって。

“見学”ではないですね(笑)。

見学ではなかったです。本当に気づいたら入っていました(笑)。

平井選手

初めての試合はいつですか?

11月に入ってチームが負けて3年生が引退して、すぐ新人戦とか地区大会が始まり、初めて2週間くらいで試合に出場しました。
「ボールを落とすな」「ボールを持ったら前に進めばいい」と教えてもらって(笑)。

最初はロックで、高校2年の夏からプロップをやっていました。

長崎南山時代の花園出場歴は?

高校2、3年生です。
高校3年の時はシードをもらって2試合目で負けたので(●12-14秋田工)、ベスト16です。

長崎南山時代の思い出の試合は?

初トライをした東福岡戦です。

高校1年の2月で、ラグビーを始めて3か月の頃だったんですが、九州新人大会で東福岡と対戦しました。
そのとき僕が「こいつはボールをもらわないだろう」というような変なコースを走っていたらボールがきて、スッと抜けてトライが取れました(笑)。

初トライということと、相手が牧野内(翔馬)さんなどがいた東福岡という強い相手だったので、思い出に残っています。

心技体が向上した帝京大時代。

大学選手権決勝に途中出場した大学3年生の時。大舞台の雰囲気に飲まれ地に足がつかない感覚だった。(出ることは分かっていたのにも関わらず、実際にグラウンドに立つと、あの大舞台の雰囲気に飲み込まれ、地に足がついていない感覚でプレーしていた思い出があります。)

大学選手権決勝に途中出場した大学3年生の時。大舞台の雰囲気に飲まれ地に足がつかない感覚だった。
(出ることは分かっていたのにも関わらず、実際にグラウンドに立つと、あの大舞台の雰囲気に飲み込まれ、
地に足がついていない感覚でプレーしていた思い出があります。)

高校卒業後、当時大学5連覇中だった帝京大に進みました。
すでに上級生が掃除をするといった帝京大のチーム文化があった?

そういったチーム文化はもう出来上がっていて、本当に1年生は自分のこと、授業のことなどだけをすればよかったです。チームの仕事、掃除や片付け、食事当番も3、4年生がやってくれていました。

逆に自分が4年生になったときに、それを当たり前のように見てきたので、(同じことを)苦もなくやることができました。

帰省時にご両親に驚かれたことは?

帰省することは多くはなかったんですけど、身体は「みるみる変わっているね」と言われて、それが嬉しかったです。
大学に入ったときは体重が120キロ前後あって、体脂肪が34%ありました。
卒業する時は体重は変わっていないんですけど、体脂肪が25%になりました。

帝京大時代の思い出深い試合を教えてください。

毎年12月に慶應大学と“4年生試合”があります。
試合に出られないとか、メンバー外の4年生でメンバーを組んで試合をするんですけど、いろんな意味で胸いっぱいになるゲームです。

一つひとつのプレーとか、雰囲気とか、チーム全員の目が違うといいますか。4年生試合は毎年印象深いです。

帝京大でAチームの公式戦に初出場したのはいつ頃から?

3年生からAチームに絡ませて頂きました。
4年生の時はケガもあってメンバーに入れないこともありました。

4年時はケガが多くてメンバー外に?

それもあると思いますが、選手層が厚いので。そこがまたいいところです。
メンバーの入れ替えというのは毎週ありますし。学年関係なく競い合うところは良い文化だと思います。

大学4年生の関東春季大会、流通経済大学戦。ケガからの復帰戦でAチームスタート。(とても緊張したことを記憶があります)

大学4年生の関東春季大会、流通経済大学戦。ケガからの復帰戦でAチームスタート。
(とても緊張した記憶があります)

一日休みがあったら何に使いますか?

基本的に部屋で映画を観ているか、掃除をしていますね。
週末しか掃除ができないので。

ちなみにご兄弟は?

妹が2人います。2歳下と7歳下です。

5月20日に開催された「URAYASUスポーツ健康アクションDAY」では、小さい女の子に囲まれすごい人気だったとか。
小さい女の子の世話は慣れている?

妹の世話という世話はしていなかったですね。
(イベントで女の子に)「お菓子ない?」と言われたので「めっちゃ持ってるよ」とか言っていたくらいです(笑)。

では最後にファンの方へメッセージをお願いします。

自分はスクラムを強みにしていたわけではないですが、これから強みにしていけるようにしたいです。
僕のスクラムというよりはシャイニングアークスのスクラムに注目して欲しいです。ボールを持った時のアグレッシブな部分も出していきたいです。

新しい環境になって期待されている分、プレッシャーを良い方向に変えて、新人らしく謙虚に頑張るので、応援して頂ければと思います。

今年の意気込みを漢字1文字で表すと…

今年の漢字1文字

平井将太郎(ひらい・しょうたろう)

生年月日
1996/2/27
身長/体重
185cm/123kg(インタビュー時)
出身地
長崎県
出身校
長崎南山高-帝京大
略歴
高校2年の秋からプロップとして2年連続花園出場。
帝京大学では3年時からレギュラー格に成長。
その他
好きな食べ物:タンと白米
嫌いな食べ物:ミニトマト

平井選手の秘蔵写真はコチラ