Newface Interview

ニューフェイスインタビュー

石井 魁 石井 魁 石井 魁

頼もしい快速ランナーが新加入。
東海大学2年で日本代表合宿に招集された逸材は、U20日本代表などで世界を経験。
2018年にはサンウルブズに招集され、スーパーラグビーのデビュー戦で鮮烈トライ。
成長著しいトライゲッターの素顔に迫りました。

攻撃力アップに期待大。
成長の止まらないスピードスター、石井魁。

東京都目黒区に育ち、高校で楕円球に出会った。

ラグビーを始めたのはいつでしょうか?

保善高校(東京)からです。
中学校までは野球と水泳をやっていました。最初に始めたのは水泳で、小学校4年生くらいから野球を始めました。
(目黒第三)中学校の部活は水泳で、野球は土日のクラブチームでした。

ラグビーをはじめた保善高校グラウンドでの写真

ラグビーをはじめた保善高校グラウンドでの写真

快足の石井選手のことなので、小さい頃の“快速伝説”があったりしませんか?

いや、ないです(笑)。普通の子どもでした。

ではご両親にアスリートとして育てられ、ここまで成長した?

不自由なく育ててもらったとは思いますけど、アスリートとして育てられたという感じではないです(笑)。

家族は父、母、2つ下に弟で、弟は野球をやっていたんですけど、今はやってないです。
父はバスケットと野球をやっていて、母がバレーボールでした。でもバリバリやっていたという感じではないです。

保善高校でラグビーを始めた理由というと?

違うスポーツをやりたいなと思っていましたし、面接官がたまたまラグビー部の方だったということもあって「体験に来てみないか」と。

あとは、祖父と祖母がラグビー好きだったということもあります。
祖父と祖母は機動隊の敷地内で働いていて、(警察の)ラグビーを応援していて、よく試合を見に行っていました。
自分がラグビーをやるとなった時に喜んでくれていたので良かったです。

保善では何年生からレギュラーでしたか?

1年生からレギュラーで出ていました。ポジションはウイングとフルバックでした。
僕はバックスしかやったことないです。

高校時代の花園予選の最高成績というと?

高校3年生の時は、國學院久我山に都予選の決勝で負けました。
そのときの久我山にはサントリーの須藤元樹がいたみたいです。
僕は当時選抜にも入っていなくて、相手とかにあまり興味もなかったので知らなかったんですけど(笑)。
今はすごく仲が良いですよ。

試合後に号泣した大学選手権決勝。

高校卒業後、強豪・東海大学に進学しました。その理由は?

僕自身、大学でラグビーをやるかやらないか迷っていたんですけど、やるのであれば強いところでやるだけやってチャレンジをしたい、どれだけできるかを試してみたい、ということが一番大きかったと思います。

大学4年生の時、同期と監督と一緒にグラウンドで撮った写真

大学4年生の時、同期と監督と一緒にグラウンドで撮った写真

東海大では1年時からレギュラーでしたか?

シーズンが始まって、1年生の秋の途中からレギュラーになりました。
東海大学はそのときはもう(大学)トップレベルにはいました。
鶴田(諒)さんの代もすごく強かったです。僕が出ることができたのは運が良かったからだと思います。

同期はどんな代でしたか?

仲が良いですよ。トップリーガーも多いです。
僕らの代は、去年まで東芝で一緒だった藤田(貴大)という選手がいるんですけど、彼のキャプテンシーがすごくて。
1年生の時から公私ともに引っ張ってくれる絶対的な存在でした。

では石井選手はチーム内でどんなキャラでしたか?

僕は可もなく不可もない存在です。

マイペース型ですか?

そうですね。たまにマイペースが出るかもしれません。

ちなみに直近で号泣したことは?どんな状況でしたか?

大学選手権の決勝ですね(大学4年時/17-27で敗戦)。

負けたあと、負けたことに泣いたんじゃなくて、同期とこれで終わりだと思ったら泣けましたね。
みんなバラバラになってしまうので、そっちの寂しさの方が大きかったです。
監督とかと握手していたら泣いてしまいました。その同期とは今でもけっこう頻繁に会っています。

大学最後の選手権、決勝の後にみんなで撮った記念の一枚

大学最後の選手権、決勝の後にみんなで撮った記念の一枚

「チームのピースになれたら」

大学卒業後、東芝ブレイブルーパスで2シーズンプレーしたのち、今季からアークスの一員になりました。

(アークスでは)良い環境でやらせてもらっています。

自分ができることをやらなくちゃいけない、ということは当然のことで、その上でギリギリの環境でできるところは、自分の中で楽しいです。
先のこともいろいろ考えますけど、いまできることをやるのが自分の仕事です。
チームが優勝するために自分がもっと成長して、チームのピースになれたらなと思います。

石井選手

いまトレーニング以外ではどんなことに時間を使っていますか?

“秘密の勉強”をしています(笑)。
ラグビー以外のところも全部自分次第だと思っているので、今後はいろんな活動をしていきたいです。

では見て欲しいプレーを教えてください。

見て欲しいプレーは・・・チーム全体を見てもらえばいいと思います。
その中で活躍できていれば、それは自分にとっても良いことですし。チームを見てもらって、その中にいるなくらいの感覚で応援してもらえたらと思います。

では最後にファンの皆さまへメッセージをお願いします。

NTTコミュニケーションズの石井魁と覚えてもらえたら嬉しいです。
覚えてもらえるように個人的には頑張っていきたいと思います。あとはチームを応援してもらえたら1番嬉しいです。よろしくお願いします。

今年の意気込みを漢字1文字で表すと…

今年の漢字1文字

石井魁(いしい・かい)

生年月日
1993/8/4
身長/体重
179cm/85kg(インタビュー時)
出身地
東京都
出身校
保善高-東海大
略歴
2013年大学2年でU20日本代表、2014年JAPAN XVに選抜。
2018年にはサンウルブズに追加招集。
同年6月にスーパーラグビー初出場、初トライ。
その他
好きな食べ物:なんでも好き
嫌いな食べ物:甘いたまご焼き・ホルモン(ぐにょぐにょ)

石井選手の秘蔵写真はコチラ