Newface Interview

ニューフェイスインタビュー

三宮 累 三宮 累 三宮 累

スクラムはもちろん、ボールキャリアとしての迫力も満点。
フィールドの外では同期選手に「優しい」と評される人柄で、周囲を和やかに。
この春シャイニングアークスの一員に加わった「サン(三)ちゃん」が、大きな身体を懸命に屈め、インタビューに答えてくれました。

持ち味はフィールドプレー。
「会場を湧かせるので、ぜひ試合に」

スポーツ歴は?

最初にやったスポーツは剣道です。そのあとに水泳、サッカーをやりました。

中学卒業後、花園常連校の東京高校(東京)に進みましたね。

中学時代にいろんなところから誘いがあったのですが、東京高校が強いし面白そうでした。東京高校は、練習メニューは決まっているんですが、そこで工夫するときに自分たちで話し合って「こんなサインを使ってみよう」ということをやっていました。自主性はけっこうあったと思います。

高校卒業後は中央大学に進学。大学時代で印象に残っている試合は?

大学1年生の時の東海大学戦(関東大学リーグ戦1部/中大○24-14●東海大)です。下馬評は「絶対に勝てない」みたいな感じだったんですが、チーム全体で“ジャイアント・キリング”と銘打って意気込んでやった結果、勝つことができました。チームの体制が変わって1年目だったので、すごく手応えを感じました。

三宮選手

ちなみに、大学時代の失敗談というと?

失敗談というか、大学で体重などの管理をしていたんですが、下級生がミスってしまって、責任をとって僕が坊主にしました。その時の影響で、(会社の)内定式に坊主で行くことになり、怖がられてしまうということがありました……。

そういえば昨年の中央大学は、多くの選手が坊主でしたね。

それはまた別の話で、シーズン最初のチームの雰囲気が良くなかったので、一回締め直そうということで、4年生全員で坊主にしました。キャプテンの浜岸(峻輝/現リコー)の提案でした。

大学卒業後のオフシーズンはどう過ごしましたか?

オフはあまり運動できなかったんです。大学時代に両ヒザをケガしていて、オフはあまり動かさないようにして治そうとしたので。左ヒザが前十字じん帯(のケガ)、右ヒザは軟骨の移植をしました。大学2年の時に手術をしたんですが、4年の時は両脚にテーピングを巻いて試合に出場していました。

三宮選手

シャイニングアークスでの印象的な練習は?

ウエイトトレーニング全般ですね。大学時代と比べると、強度がまったく違います。僕はあまりウエイトをやってこなかったんですが、いきなりハードなトレーニングをやったのでボロボロです(笑)。ウエイトをもっとやってきていれば、と後悔しています。

シャイニングアークスでいちばん辛かった練習は?

タッチフットの派生のようなトレーニングがあるんですが、トライしても攻守が入れ替わらないで、そのまま逆サイドにアタックをするものです。点を取り続けていると、ずっとアタックなんです。最後の方はバテて動けなくなっちゃいます(笑)

初任給はどう使いましたか?

本当は親にプレゼントを贈ることができると良かったんですが、身の回りのものを揃えていたので、ご飯くらいしかご馳走できていません。会社に履いていく靴が一足しかなくて。あと練習着で必要なものもあったので、そっちを先に買ってしまいました。ボーナスをもらったら(両親へ)また何かしたいと思います。

合宿中の5月10日、2019年ラグビーW杯のプール戦組み合わせが決まりました。W杯は意識しますか?

チャンスがあれば行きたいです。年齢的にもチャンスはあると思うので、それまでにしっかりと体を作って、もっとラグビーのことを知って、選ばれたら全力でやりたいと思います。

三宮選手

最後に、ファンの皆さまへメッセージを。

自分の持ち味はフィールドプレーだと思います。会場を湧かせるので、ぜひ試合に足を運んで、応援して頂けたらと思います。よろしくお願い致します。

一問一答

好きな食べ物は?

魚類です

嫌いな食べ物は?

特にありません

ニックネームは?

先輩には『サン(三)ちゃん』と呼ばれています。

好きな音楽アーティストは?

今は米津玄師(よねづ・けんし)です。

好きな女性のタイプは?

難しいです(笑)。よく話す人がいいですね。

三宮選手

三宮 累(さんのみや・るい)

1994年8月16日生まれ。東京都出身。
身長183㎝、体重113㎏。
北中野中学校-東京高校-中央大学。東京高校時代は2、3年時に花園出場。
中央大学では1年生からレギュラーとして活躍。