Newface Interview

ニューフェイスインタビュー

湯本 睦 湯本 睦 湯本 睦

インタビュー中は姿勢正しく、受け答えはキビキビ。
時には弱みも吐露する飾らない人柄の23歳は、2年連続で高校日本代表に選ばれるなど、世代を代表するスクラムハーフとして活躍。
東海大学でも中心選手として輝きを放ってきた湯本選手が、アークスに新戦力として加入しました。

将来を嘱望される新鋭スクラムハーフ。
「勝利に貢献できるようなプレイヤーに」

ラグビーを始めたのはいつでしょうか?

小学校3年生からです。その前はソフトボール、野球をやっていました。

出身中学校は?

東大阪市の英田中学校です。花園ラグビー場から一番近い中学校になると思います。

選手として、初めて花園ラグビー場の第1グラウンドに入ったのは?

小学校の時にスクール(花園ラグビースクール)で使わせてもらうことはありました。高校時代(東海大仰星)は、1年生の時にリザーブに入っていたんですが、出場する機会がなかったので、選手として正式に第1グラウンドに立ったのは高校2年生の時です。

湯本選手

東海大仰星時代は2年連続(高校1、2年時)で花園に出場。2年時には、花園準優勝を経験しました(決勝/東福岡○36-24●東海大仰星)。

僕の1コ上までは、7年連続で花園に出場していました。僕は2回行ったのですが、自分が3年の代で止めてしまったのです(大阪第1地区決勝/常翔学園○34-21●東海大仰星)。常翔学園が全国大会で優勝した時ですね。松井(千士)、桶谷(宗汰/ともにサントリー)、重(一生/神戸製鋼)などがいました。

付属校である仰星高から、東海大学へ進学。初めて秋の公式戦に出場したのは?

大学1年生の時、関東大学リーグ戦の初戦にリザーブで入っていました。

大学時代で一番印象に残っている試合は?

大学2年生の時の大学選手権準決勝、筑波大学戦(○17-16●東海大)です。ラスト5分で13点差をひっくり返されて負けた試合でした。自分のミスが大きな敗因になって、自分の責任で負けてしまったということを痛感しました。最後の年に懸けている4年生の想いだったり、東海を応援してくれる人たちに対して『申し訳ない』というのがあったので、あの試合が僕の中でのターニングポイントだったと思います。

湯本選手

その試合の前後で、自分に変化はありましたか?

その試合で2年生のシーズンが終わりましたが、3年生からは一度もレギュラーから外れることなく9番を守り続けました。いろいろと考えることが多い中で、『絶対に9番のポジションを譲らない』という気持ちを持っていたので、そこからさらに成長したと思います。

大学4年時の大学選手権決勝は、2年連続で帝京大(○33-26●東海大)でした。対戦相手には、アークスで同期になった金嶺志選手がいましたね。

あの試合の話はしました。僕が金君にふっとばされたシーンがあったので、その動画を見ながら笑っていたり(笑)

同期はとても仲が良いらしいですね。

そうですね。すごく和気あいあいとしています。やっぱり同期というのは掛け替えのないものだと思いますし、『みんなでサポートし合おう』ということはお互い言っていたので。みんな気さくで優しいので、そういう意味では非常にやりやすい環境です。

湯本選手

同期でもっとも世話を焼かなければいけない選手は?

一番手が掛かるのは、僕だと思います。

東海大ではゲームキャプテンを務めるなど、しっかりした印象を持っている方も多いと思います。

ラグビーではそんなにないと思いますが、ラグビー以外の部分でみんなに助けてもらっていることが多いです。遅刻はしないのですが、用意が遅いこととかは直さなければいけないと思います。

初任給はどう使いましたか?

今までお世話になった人たちに何かしてあげたいという思いで、いろいろなことをしました。両親と小学生時代に指導して頂いた(花園ラグビースクールの)西野先生にプレゼントをあげて、先生の息子さんたちと一緒に映画を観に行きました。

ラグビースクール時代の先生と、今でも深いお付き合いがあるのですね?

今でもお食事に行かせて頂く機会があったり、家にも呼んで頂いたりしています。大学に入ってからも(西野先生は)東京まで試合を見に来て下さったりなど、深い付き合いです。コーチというよりは、ちょっと上の先輩という感じです。

合宿中の5月10日。2019年W杯のプール戦組み合わせが決まりました。W杯はどうご覧になっていますか?

2年後ということで、自分自身もそこ(W杯)を目指しています。前回のW杯もテレビで観ていましたし、スコットランドには前回のリベンジという意味でも、日本中のラグビー選手が意識していると思います。まずは、自分が与えられた環境でやれるかというところを頑張っていきたいと思います。

プレー面でのアピールポイントは?

サポート力というのが自分の強みだと思っています。そのなかで磨いているスピードを注目してもらいたいなと思います。

では、最後にファンの皆様へメッセージをお願いします。

まずはシャイニングアークスで試合に出て自分自身が勝利に貢献できるようなプレイヤーになること、あとはチームの顔になるような選手になることが、直近の目標です。サポートして頂いている方たちに感謝して、精一杯試合へ向けて頑張っていきたいと思います。

一問一答

好きな食べ物は?

グラタンです。

嫌いな食べ物は?

納豆だけは苦手です。

ニックネームは?

下の名前(アツシ)で呼ばれることもありましたし、『ユモ』というのもあります。

好きな音楽アーティストは?

特にないんです(笑)

好きな女性のタイプは?

笑顔が優しい人です。

湯本選手

湯本 睦(ゆもと・あつし)

1994年5月2日生まれ。大阪府出身。
身長165㎝、体重71㎏。英田中学校-東海大学付属仰星高校-東海大学。
高校日本代表は2年連続(2、3年時)、U20日本代表にも選出。
東海大学では1年時から公式戦に出場、中心選手として大学選手権2年連続準優勝(2015、2016年度)に貢献した。